禁煙でタバコ代をうかす

昔と比べ、タバコ代がかなり高くなり、家計は火の車なんて事もありますよね。いざ、禁煙を始めようと思ってもまたすぐ吸ってしまったり…ただ、禁煙する事で経済的にかかる負担も軽減され、その分を他に回す事ができます!禁煙ちょっと考えてみませんか?

指定場所以外で禁煙治療受けても治療費助成金はない

禁煙には、禁煙外来を受診して、医師の指導のもとで立ち向かうと言うのが有効な方法であることは、広く知られています。しかし禁煙治療に治療費助成があるということは案外知られていません。幸いそれを知っている人も、しかるべき準備をせねばならず、その上で指定場所以外で治療を行っても治療費助成は受けられないということは見落としている人が多いものです。禁煙の治療費助成金を受けるためには、禁煙治療を始める前に、各地方の健康相談係の窓口で、禁煙治療費助成の登録申請を行います。すでに治療を開始し、治療途中の人は申請することができません。治療には保険適用の病院と自由診療の病院もあり、指定場所となってい病院となっていない病院があります。せっかく申請を計画していても、指定場所以外で治療を受けると給付を受けることができなくなりますので、その確認は重要です。禁煙治療の外来・薬局でかかった自己負担額の3分の2で、なおかつ上限1万円が給付されます。申請と給付は年度内に付き1人1回限りです。12週、5回の診察程度が規定の期間と回数ですので、これが完了したのちに、交付申請を行って給付されます。市政が行う禁煙支援の施策ですので、市内に住所を有し、市税を完納していることなどの条件が設けられています。各役場の係りに問い合わせをしましょう。おさらいをすると、助成を受けるためにはまずはじめに相談窓口で登録申請を行う。申請後に登録決定通知が郵送されるのを待って、届いてから治療を開始する。指定場所以外で治療しないように確認することを忘れない。おおむね12週間5回の診察が完了した時点で、治療費助成の交付申請を行う。ここまでが自分で行動する部分です。助成金の交付決定すれば、助成金は無事に交付されます。地方によって先着何名といった括りもあります。